ben-white-gEKMstKfZ6w-unsplash.jpg

日本で働きたい方のサポートとして

​日本語学校の紹介を行います

HRCでは、日本語学校の紹介も行っております。

日本語の学習と日本文化への理解を通じて、国際舞台での競争に勝ち抜き、活躍できる真の人材になることができます。

また、日本語学校を出た後も、HRCで就業支援をさせて頂きます。

HRCの日本語学校紹介とは

igor-rodrigues-_fU08X90Vrg-unsplash.jpg

一人一人に合う学校をご紹介

一人一人のニーズや日本語学習の目的等をヒアリングしながら、来日される皆様のご要望に可能な限り合う学校をご紹介して参ります。

jeswin-thomas-h5fhOLbZt-M-unsplash.jpg

卒業後も安心サポート

卒業後の就業もしっかりとサポートさせて頂きます。​就業に対する不安を抱くことなく、安心して日本に来ていただけます。

日本語学校とは?

afif-kusuma-HAe8lLfH02E-unsplash.jpg

HRCが紹介する「日本語学校」とは、外国人(留学生)を対象に日本語を教える機関で、学校法人か否かを問わず、法務省より告示を受けた国内の日本語教育機関のことを指します。


以前の日本語学校の卒業生は、進学するか帰国するかの選択肢しかなかったのですが、2019年4月から実施された新しい就労ビザ「特定技能」制度の出現により、5年間、就労ビザで日本に滞在し続けることが出来るようになり、日本語学校卒業後の選択の幅が広がりました。 


修業年限は1~2年のところが多く、入学にあたっては、一般的に日本語能力検定N5以上のレベルが必要です。

日本語学校で留学生が勉強できるのは、最長2年間と決められており、ゼロから日本語を学ぶ場合、学校のカリキュラムや留学生個人の能力にもよりますが、1年で日本語能力検定N3レベル、残りの1年でN2またはN1レベルを目指すというペースで学習が進められていきます。最終的にN2以上のレベルの生徒に育て上げるカリキュラムを組むことになります。


また、日本語学校は、日本語を勉強する場所ではありますが、日本語学校の教員は単に日本語を教えるだけでありません。生活面で、日本の常識やマナーの指導も行い、「アルバイトや授業に遅刻をしない」とか「休む場合は連絡をする」など、日本では当たり前のことを指導することで、日本語学校の卒業時までに、日本の生活に必要なマナーを身につけ、その先の日本での生活をスムーズに送られるようにサポートします。

日本語学校の特徴

01

【少人数クラス・担任制】

担任教師が中心となり、一人一人の学生に寄り添った丁寧な指導を行っています。

02

【言語運用力の養成】

高い基礎力をもとに、四技能バランスよく身に付け、そして使える日本語力の養成を目指したカリキュラムを組んでいます。

03

【試験対策】

各レベルに応じた日本留学試験(EJU)対策、日本語能力試験(JLPT)対策を開講しています。

ben-white-gEKMstKfZ6w-unsplash.jpg

よくあるご質問

質問A

回答A

質問A

回答A

質問A

回答A

質問A

回答A

質問A

回答A

お問い合わせ

お問い合わせはお問い合わせフォームから気軽にご相談ください